HOME > 技術情報 > 粒子計測ゼミナール > 粒子径分布測定の一般論:粉体とは

粒子計測ゼミナール:粒子径分布測定の一般論

粉体とは

はじめに粉体の粒子計測に関する初歩的なお話しをします。今までに粉体計測の経験がある方はどうぞ読み飛ばしてください。


粉体は「固体微粒子の極めて多数の集合体で、各粒子の間に適当な相互作用力が働いている状態」と定義されるようです。これは定性的な定義のため、甚だ曖妹な点はありますが、要するに私たちが目で見て粉体に見え、粉体らしい挙動をするものを指しています。

粉体計測の最大の特長は、微粒子の集合体を計測する点であると考えます。粒子径測定の場合、測定する微粒子の大きさがすべて揃っていることは希です。大概のものは多かれ少なかれ異なった大きさの粒子の集合体です。
これを計測し正確に表すためには、集合体としての粒子を統計的に処理し、どのくらいの大きさの粒がどの割合で存在するかを表す必要があります。

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて