HOME > 技術情報 > 粒子計測ゼミナール > 粒子径分布測定における個数分布と質量(体積)分布との違いとは?

粒子計測ゼミナール

粒子径分布測定における個数分布と質量(体積)分布との違いとは?

個数分布とは顕微鏡で粒子の大きさを測定した際のイメージです。
つまり粒子の個数と大きさを分布として表記する方法です。


これに対し、質量(体積)分布とはふるいで粒子の大きさを測定した際のイメージです。
つまり粒子の大きさを質量の分布として表記する方法です。またこの粒子を質量で測定するのではなく、大きさ(体積)で測定した際は体積分布となります。


これらの関係については下記を参照願います。


この図から解りますように、同一の粒子径分布であっても、表記の方法(個数分布と体積分布)では、分布の形状が大きく異なりますので注意が必要です。

上図における個数分布と体積分布の比較

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて