HOME > 技術情報 > 吸着ゼミナール > 細孔分布 : 細孔分布測定法

吸着ゼミナール:細孔分布

細孔分布測定法

粉体や機能性材料の細孔分布の代表的な測定方法としてはガス吸着法と水銀ポロシメータがあります。


ガス吸着法は主に低温(液体窒素や液体アルゴン)におけるN2やArガス吸着等温線から解析され、分子サイズ~数百nmの細孔径測定が可能です。実質的な測定上限としては圧力計の精度や温度安定性の関係から100nm程度のメソ孔を少し上回るところになります。 水銀ポロシメータは材料に濡れにくい水銀を加圧し試料に圧入する量から細孔分布を求める方法です。数nm~数1000μmの細孔分布を短時間に測定できる特徴があります。10nm以下の細孔を測定する場合には140MPa以上の圧力を掛けなければ水銀が圧入せず材料の強度に注意を払わなければなりません。また圧入する原理より細孔のインクボトル(1つの細孔にて最も小さな細孔のこと)の径を測定することになります。実質的な測定範囲は数10nmからとなります。


近年フィルターや分離膜の透過孔のみを測定する方法として、ガス透過法やバブルポイント法があります。

細孔分布測定法

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて