HOME > 技術情報 > 吸着ゼミナール > 比表面積 : 比表面積と粒子径

吸着ゼミナール:比表面積

比表面積と粒子径

粒子が小さくなれば比表面積が増える。当然粒子に細孔があれば比表面積が増える。これはプロセスや反応において重要であり、同じ材料(重量当り、体積当り)でも表面のサイト量や吸着容量が変化することになります。比表面積を測定することは材料(吸着剤・触媒など)の活性や吸着能力を知る上で重要なパラメータとなります。



図に立方体の表面積と大きさを示します。このように同じ重さ・実体積を持つサンプルでも異なる表面積を持つことがわかります。

粒子径と表面積の関係

下図に非多孔性球状シリカの場合の粒子と比表面積の関係を示す。計算は下記式をそしてシリカの密度を2.2g/cm3としました。

球状粒子の比表面積と粒子径

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて