HOME > 技術情報 > 吸着ゼミナール > 吸着 : フリースペース測定法

吸着ゼミナール:吸着

フリースペース
測定法

フリースペースとは何を意味するのでしょうか?これは幾何学的な体積ではなく、吸着量を計算するための便宜上の体積となります。物理吸着をさせるため試料管を液体窒素などの冷媒に冷やすので2つの温度域ができてしまいます。この冷却されているところでのガス密度は、冷却する温度および測定中の冷媒のレベル変化に影響を受けます。先ほど述べたように定容量法は吸着していないガス分子(密度)を計算するためこの体積はとても重要になります。一般的な定容量法吸着装置は液体窒素でサンプルを冷却し、その温度にて吸着しないHeガスを用いてフリースペース(死容積)を測定し、その後N2などの吸着ガスにより吸着等温線を測定する。その吸着測定中は何らかの方法により液体窒素の液面を保つ必要があった。

●フリースペースとは?

死容積は下記式で表され、冷却されているところの体積を装置温度(室温)に換算したみかけの体積となります。

日本ベルの開発したAFSM法(特許)は液面を保つ必要が無くガス吸着測定中もフリースペース変化を連続測定できるシステムです。この次世代型体積検定精度の向上は吸着量測定精度を向上させました。

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて