HOME > 技術情報 > 吸着ゼミナール > 吸着 : 吸着とは

吸着ゼミナール:吸着

吸着とは

ガス吸着の歴史は古く1777年Fontanaが木炭の吸着現象を発見したのが最初であるといわれている。1814年にはN.T. de Saussureが吸着装置を作成し木炭に対する吸着の実験を数多く行った。現在イギリスの科学博物館にこの実験装置が展示されるぐらい吸着技術は古くから研究されている。また今日吸着技術は気体分離など工業プロセスにも応用されている。

吸着には図に示すような形態がある。ここで不明瞭なのは化学吸着と物理吸着の違いである。一般的にあるガス分子を材料に吸着させその吸着温度ないしは室温にて排気できないような強い結合(水素結合・酸塩基結合)を持つものを化学吸着と呼ぶ。それに対し物理吸着は吸着力が主にファンデルワールス力によるもので真空排気をすることにより脱着が可能である。現在、物理吸着・化学吸着という表現をやめ可逆吸着・不可逆吸着と呼ぶことも推奨されている。

吸着状態

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて