HOME > 製品情報 > スプレー粒子構造解析 > CTエアロトラック LDCT-2000A
スプレー粒子構造解析:スプレー粒子構造解析装置

CTエアロトラック LDCT-2000A

CTエアロトラック LDCT-2000A

CT(コンピュータトモグラフィ)技術により、噴霧の内部構造を解析します。

  • 噴霧断面の濃度と、平均粒子径の絶対値を2次元図で表示。
  • 全ての画素ごとの粒子径分布を算出。
  • ノズルの良品、不良品をひと目で判定可能。
  • CT画像の任意のポイントの粒子径分布を表示。
  • インジェクタ噴霧を高速時系列測定(最高200µs間隔で、最高100回測定)。
  • 最大9断面測定することにより、時系列3次元表示。
  • 噴霧のばらつきをパタネータグラフで表示。
  • 用途例 : 各種ノズルの構造解析・品質管理、インジェクタ噴霧の構造解析・品質管理。

関連情報:技術情報「高濃度噴霧のレーザ粒子径分布測定における多重散乱補正方法」はこちら

カタログお問い合わせ

仕様

型式 LDCT-2000A
粒子径測定 方式 レーザ光散乱(回折)方式
使用レーザ He-Neレーザ 波長632.8nm 出力最大5mW(Class-ⅢR) ビーム径4mm
使用レンズ f=300mm
粒子径測定範囲 1.4~1000µm
散乱光データ
サンプリング方法
連続噴霧 1ポイントのデータに対して、0.2ms間隔64回サンプリングの積算平均を使用
間欠噴霧 外部トリガ連続積算(遅延)
1ポイントのデータに対して、最高0.2ms間隔で最大100回時系列測定
従って0.2ms間隔での時系列CT画像が可能

応用分野

  • 各種ノズルの構造解析
  • 各種ノズルの品質管理
  • インジェクタ噴霧の構造解析
  • インジェクタの品質管理

CT測定ブロック図

CT測定方法

(1) レーザを1mm~2mmずつ移動して
それぞれの粒子径分布を測定(41~101ポイント)

(2) ノズルを3~5度ずつ回転

(1)と(2)を繰り返し180度まで測定する

測定結果

  • 濃度のCT画像
  • 平均粒子径など(SMD,D10,D50,D90)の絶対値でのCT画像(単位µm)
  • CT画像上の全画素の粒子径分布
  • 濃度のパタネータグラフと、直径方向の濃度および平均粒子径などの断面のグラフ
  • インジェクタ噴霧の時系列濃度のCT画像と、平均粒子径などのCT画像
  • インジェクタ噴霧の時系列濃度の3次元CT画像と、平均粒子径などの3次元CT画像
  • 濃度および平均粒子径のCT画像データ、全画素の粒子径分布データはcsvFileで保管
濃度のCT画像とポイントの粒子径分布


CT画像上の任意のポイントをダブルクリックすることによりそのポイントの粒子径分布図を最大4ポイント表示できます

SMDの絶対値でのCT画像


平均粒子径 D10,D50,D90の粒径のCT画像を、絶対値(µm)で表示できます

ホロコーンノズルのCT画像

ノズルAとノズルBの濃度およびSMDのCT画像です。
画像から優劣がはっきりわかります。(Zは噴口から測定面までの距離)

パタネータ図

円周方向パタネータグラフ

濃度(CNC)のCT画像において、4区分から32区分のパタネータグラフをEXCELシートに作成します。

32区分CT画像と32区分濃度パタネータグラフ 12区分CT画像と12区分濃度パタネータグラフ
円周方向パタネータグラフ

濃度(CNC)および平均粒子径(SMD),D10,D50,D90のCT画像の任意の角度の断面のグラフをEXCELシートに作成します。

濃度(CNC)のCT画像と断面のグラフ 均粒子径(SMD)のCT画像とSMD,D50の断面のグラフ

高速時系列CT画像

測定条件

ノズルAとノズルBの濃度およびSMDのCT画像です。
画像から優劣がはっきりわかります。(Zは噴口から測定面までの距離)

高速時系列3次元画像

測定条件
  1. 測定面:噴口からの距離Z=10mm、15mm、20mm、25mm、30mm、35mm、40mm、45mm、50mm
  2. X方向:スパン±15mm~±40mm 間隔1.0mm θ軸:移動間隔 4.5° 移動回数40回
  3. サンプリング方法:外部トリガ連続積算(遅延)

※SMDは、平均粒子径「Sauter Mean Diameter」の略です

当製品のお問合せ

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて