HOME > 製品情報 > スラリー分散性 > Stabino(スタビノ)
スラリー分散性:流動電位測定装置

Stabino(スタビノ)

Stabino(スタビノ)

スピーディーなタイトレーション

  • 液中粒子の界面動電現象、粒子の表面電位を評価
  • 測定された流動電位から、“ゼータ電位”を計算
  • 驚愕の速さ(数分)で滴定が完了
    ・pH滴定で等電点を決定
    ・カチオン/アニオン性高分子電解質溶液の滴定により
    “粒子の表面電荷量”を測定
  • 幅広い濃度範囲(0.01~40 Vol%)と粒子径範囲(数nm~300μm)
  • 電気泳動法では測定困難なスラリーの分散評価が可能
    ・数cp以上の高粘度系
カタログお問い合わせ

仕様

原理 流動電位法
測定範囲 流動電位:-3,000~+3,000mV
ゼータ電位相当:-200~+200mV
滴定 ダイアフラムポンプ 2台
滴定量 10~100 μL/ステップ
試料 水系(標準) ※アルコールなど極性溶媒は要問合せ
試料粒子径 ~100μm ※1
試料量 5~10mL
試料濃度 0.01~40Vol% ※試料による
pH範囲 2~12
外形寸法・質量 180(W)×325(D)×340(H)mm 8kg

※1 オプションの1mmギャップピストン使用で、最大300μmまで測定可能

測定原理

テフロンセルの壁面に付着している粒子に着目します。
ピストンが上下に振動すると、壁面に付着している粒子は動かず、粒子の周りの液体がピストンの動きに合わせ上下します。溶液中の粒子表面は、イオンの雲で覆われており、溶液の上下運動により、イオン雲も変形します。このとき、溶液に上下方向の動きが無いテフロンセルの底面と、液面に近いセルの上部では電位差が生じます(流動電位)。この流動電位を、2本の電極で測定します。ゼータ電位と流動電位の間には、下式の関係があります。

アプリケーション

  • 等電点の測定
  • 総表面電荷量の測定
  • 用途例:ビール、水処理、顔料、カーボンナノチューブ(CNT)、タンパク質、乳酸菌、クロレラ、粉体、セラミックス等

組み合せ例

タイトレーションと粒子径測定をスピーディーに
粒子径分布測定装置NANO-flex(ナノフレックス)やNanotrac(ナノトラック)Waveシリーズとの組合せによりタイトレーションと粒子径測定がスピーディーに行えます。

粒子径分布測定装置NANO-flex(ナノフレックス)のページへ
粒子径分布測定装置Nanotrac(ナノトラック) Waveシリーズのページへ

Stabino(左)とNANO-flex(右)との組合せ例

当製品のお問合せ

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて