HOME > 製品情報 > 粒子径分布 > マイクロトラックBlueRaytrac
粒子径分布:レーザー回折・散乱式粒子径分布測定装置(ナノ・サブミクロン高分解能モデル)

マイクロトラックBlueRaytrac

マイクロトラックBlueRaytrac

トリレーザーシステムでのブルーレーザーの採用と、新たにBlueRaytracのため開発した粒子径分布解析アルゴリズムにより、ナノ・サブミクロン領域において卓越した感度と分解能での粒子径測定を実現しています。

関連情報:3本レーザーについてより詳しく見る

カタログお問い合わせ

仕様

型式 マイクロトラックBlueRaytrac
測定範囲 レーザー回折・散乱方式
測定時間 0.01~700μm
外形寸法・質量 光学台 :560(W)×460(D)×360(H)mm 27kg
標準試料循環器SDC:165(W)×424(D)×305(H)mm 19kg

測定原理

レーザー回折・散乱方式

BlueRaytracでは、波長405nm のブルーレーザーを採用することにより、従来の波長780nmの赤色レーザーに比べ約13倍の散乱光を検出して、ナノ・サブミクロン領域での測定感度を高めています。
トリレーザーシステムは、最適な角度からレーザー光を粒子へ照射し、約0~180度の広い角度範囲で連続した散乱光を検出し、ワイドな測定レンジで正確な粒子径計測を達成しています。

アプリケーション

  • ナノレベルの最先端技術開発
  • 電子材料
  • 医薬品・製薬
  • 化粧品
  • 食品など

測定例

BlueRaytracの高分解能測定の例をご紹介します。

ナノ粒子測定データ
ラテックス5003A(30nm)
4種混合サンプル測定データ
ガラス混合粒子(0.5+2.5+30+100μm)
サブミクロン3種サンプル混合データ
ラテックスMM-10(0.081+0.199+0.499μm)

当製品のお問合せ

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて