HOME > 製品情報 > 真密度測定 > BELPycno
真密度測定:密度測定

BELPycno

  • ガス置換法によりさまざまな種類のサンプル密度を測定
  • サンプル部のパージから測定まで完全自動測定
  • 膨張室体積可変機構(特許申請中)により、幅広い条件で高精度な測定が可能
  • 試料室の蓋にはグリースレスワンタッチ機構(特許申請中)を採用
  • タッチパネルの採用により簡単測定

カタログお問い合わせ

仕様

測定原理 ガス置換法
セル容量 10cm3、3.5cm3、1cm3
測定精度 ±0.03%F.S. + ±0.03% Reading
再現性 ±0.02%F.S.
前処理方法 パージ、Flow、真空排気(オプション)
使用ガス He、N2、その他不活性ガス
測定導入圧 145kPa(G)
電源 AC90-250V(50-60Hz)、200W
外形寸法・質量 270(W)×170(H)×300(D)mm 8kg

測定原理



本装置はガス置換法により固体試料の真密度を測定します。右図のようなサンプルの入った試料室を加圧し、バルブを開けて膨張室へガスを拡散させます。この圧力変化は膨張室との体積比となり、膨張室および試料室(サンプル除く)の体積は装置固有のパラメーターとしてあらかじめ分かっていますので、サンプルの体積が計算できます。サンプル重量をサンプル体積で割ることによりサンプル密度(g/cm3)を 求めることができます。

アプリケーション

BELPycnoは、触媒、燃料電池、電池、繊維、高分子材料、薬品、顔料、化粧品、磁性粉,分離膜、フィルター、トナー、セメント、セラミックス、半導体材料など、さまざまな分野でご使用いただけます。

オプション



オプションでラベルプリンタ印刷、電子天秤からの重量取り込み、真空前処理、恒温循環器によるサンプル温度制御にも対応しています。

当製品のお問合せ

pagetop

マイクロトラック・ベル株式会社

   

NIKKISO

    
COPYRIGHT © MicrotracBEL Corp. All Rights Reserved. リンクサイトマップ個人情報の取り扱いこのサイトについて